忍者ブログ

   
カテゴリー「心」の記事一覧
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



Q.何がいちばん大切ですか?

感情



Q.誰がいちばん好きですか?

祖父



Q.何がいちばんいやですか?

知ったかぶりと知らんぷり



Q.死んだらどこへ行きますか?

土に還らせて頂きたい。






みんなもやるんだ!





PR








ヨンシー若いっ。





最近、会社が割と暇です。
暇とは違うかなぁ。
去年より仕事も覚えてきて、
余裕が出てきたんだろうね。


今の当面の目標はバンドを作ることなのだ!!!
時間がないとかいう言い訳もうやめたいっ!






あなたから


息づかい


後ろから


液体


お、かしくな、、、、りそ、、、





かっこつけて


きめちゃって


苦しいくせに


結構


こりないね





さよならは


したくない


好きだから


せめて


そばにいさせて




たった


恥部


包んで


手の中で


とろかそう




泣いて


憎んで


濡れ枕


練りに練った


罵り言葉




明日からっ
韓国旅行だようやっぽーーーー。
有給取りましたやっぽーーーー。


タイも台湾も予約取れなかったんだっ。



さよならジャポン。
しらねぇってんだー。






かわいいなーアシモ君
四日間よろしくねー





ドレミの歌の
ソ以降思い出せないっソはあおいそら?






あーあ
谷川さんの詩には
かなわないなーあ




またツヨシがゲームしてるよ(笑)
スト2

ツヨシいいわぁん




ケンタッキーのCMの松潤にニヤリ( ̄ー ̄)

いやいやマツダの車のCMの
戸田恵梨香にはかなわない...

あのダンス






perfumeばあああっか観てる。
正確にはのっちの足ばああああっか観てる。


ヤスタカってなんであんな女の気持ちが分かるんだろ。
ゴーストライターでもいるのかなぁ。
男の子もああいうこと思うのかなぁ。
つかゲイとかなのかなぁ。

シークレットシークレットとか
seventh heavenとか
願いとか
いいなぁ。歌詞。





あーあ、なんかせつなくなってきた。
がんばれって言って。
大丈夫とか言って。


あーあ。





森ガール
無理がある


人の心を
読めたらいいのに!





僕らは少し
強すぎるのかもしれない。


したいことしかできなくて、
したくないことすら楽しいのさ。





良く寝たー。
本当に良く寝たー。

夢に友達がたくさん出てきた。
みんなで水着で湘南の海にいた。

もう一生会えないんだろうって人も、
いつも会ってるよって人も
一緒になって遊んだ。

妙に悲しくなったのはなぜ。



こんな朝は。
あんまり抱え込むのはよした方がいいぜ。
っていつもみたいに頼むよ。




「博士、どうですか?」



「・・・・・・・・・・・・」



「今回は従来の基本的操作の他に、
 今話題の待機電力カット機能を搭載してみました。」



「・・・・・・・・・・・・」



「素材にもこだわりまして、
 裏地はマイクロファイバー、
 表地はフォークロア風になっていまして、
 こことことに刺繍を施しました。



「・・・・・・・・・・・・」



「ほら、ここからこの様に飛び出るンです。
 そして、こうやって、こう持っていく」



「・・・・・・・・・・・・」



「あ、ちょっと触ってみませんか?
 いいですよ、どうぞどうぞ」



「・・・・・・・・・・・・」



「遠慮しないでくださいっ。
 みんな博士にみてもらいたくて、鳥取からきたんですから!



「・・・・・・・・・・・・」



「・・・・博士?」











「・・・・・・・・・・・・・・・失敗だ」







 



走るサラリーマンを横目に
ゆっくり歩くホーム内
これが平日休みのいいところ





会社でリーガルの靴を履いていますが
たまには違う靴でもと思いまして
靴を見に来ました

しかしリーガル圧勝なんです
リーガルは素晴らしい
サイズもぴったりだし


制服にはヒールある方が好きー!





新宿が
う、うれしいことに





君は飽和するのが
そんなに怖いのか





心が
マンガみたいに
しくしくする夕暮れです


あけましておめでとー
ばか野郎
口も聞きたくない






昔々、深い深い海の底に、
目にも見えない微生物が一匹暮らしていました。


その微生物の心の中には、
生まれながらにして染みついた愛の記憶がありました。
どこで出会ったの、誰だったのか、
何をしたの、何をされたの、
全く思い出せないくらいの遠い記憶。
とっても温かい愛の記憶。

微生物は、どうしてもその愛を感じたくて、
まだ見ぬ誰かに触れたくて、
とうとう海から出ることを決めました。



しかし、微生物にとって海を出るということは、
死ぬということと同じ。
空気も水もない海の外では、
微生物は生きていくことはできないのです。

微生物は考えました。
小さい頭いっぱい考えました。
そして微生物はある結論に辿り着きました。
海の外でも生きていける生物を作ろうと。



そんな微生物のおかげで、
今日、生物ができて、
二酸化炭素ができて、
木ができて、
酸素いっぱいはいて、
木がもっと二酸化炭素欲しくて、
人間作って、二酸化炭素はかして、


人間ありきで木があるんだよ。
木ありきで人間があるんだよ。
だってほら木の枝って血管みたいでしょ。
あれは人間と同じなんだよ。
人間も木も同じ微生物の仲間なの。



遠い昔から続いてる輪廻の輪。
終わらない命の連鎖。
微生物の愛の行方は
今あなたに委ねられているのだ。

仕方ないんだ、
がんばれ。



太陽のうそつき!!!!

  
ブログ内検索
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
Copyright ©  -- お部屋5 2009/10/22 (Thu)〜2011/06/27 (Mon) --  All Rights Reserved

Design by CriCri / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]